プロを目指すならピアノレッスンを受けるのが先決

勉強道具
お菓子

パティシェを目指すなら

高校では様々な授業が提供されていますが、将来パティシェになりたい、お菓子の分野で活躍したいのであれば製菓コースのある学校もおすすめです。実習で製菓の技術が身に付くことはもちろん、食品や衛生についてもしっかり学んでいくことができます。

男女

どの養成校を選択するのか

言語聴覚士の養成校には、高校卒業資格があれば入学可能な専門学校・短大・大学の言語聴覚科のほかに、大学卒業資格が必要な2年制の専門学校や大学院の専攻科もあります。在学期間のほかに、カリキュラムの内容、雰囲気、国家試験の合格率、就職先・進学先などを確認して、自分に最適な学校を選びましょう。

プロから習おう

鍵盤

上達が早くなる

プロのピアニストになりたいのなら、ピアノを習う必要があります。学校の音楽の授業でピアノを弾くことはないからです。まずは、ピアノレッスンに通いましょう。ただし、ピアノレッスンはいろいろなところがあります。趣味がこうじてレッスン教室を開いたという個人的なお宅もあれば、プロが教えてくれる大規模なレッスン教室もあります。当然、プロを目指すのなら後者がお勧めです。もちろん、プロが教えてくれた方が上達が早くなるからです。その代わり、レッスン料が高いところもあります。レッスン内容や料金を比較して、より良いところを選択しましょう。また、人気のある教室は、思いどおりにレッスンを受けられないこともあります。一対一ではなく、数名一緒にレッスンを受けることもあるのです。本格的に習いたいのなら、当然、一対一で習えるところにしましょう。プロのピアニストが指導してくれるピアノレッスン教室を知る方法は、口コミが一番です。周囲の身近な人や学校の音楽教師、インターネットの情報などを参考にして調べてみましょう。プロとなると、なかなか自宅付近で見つけられないこともあります。週に一度など、遠方まで通うようになることも少なくありません。レッスン回数が多ければ必ず上達するというものでもないので、ピアノレッスンの頻度や通える範囲など、この点も重視して探すことをお勧めします。また、現役のプロではなくリタイアしたプロでも技術力は長けているので、習う価値はあります。

勉強道具

学校選択は実習重視です

学校に通うことにより、新潟で社会福祉士になる夢が広がります。多くの経験をした先生や実践から学ぶことにより、知識と現場での力の両方を得ることができます。近くに実習の場がある学校を選ぶと良いでしょう。