プロを目指すならピアノレッスンを受けるのが先決

女の人

学校選択は実習重視です

勉強道具

社会福祉士はクライアントと必要な社会資源をつなぐ重要な役割を担っています。そのため新潟で社会福祉士として働きたい方は、学校に通うことがおすすめです。学校の中でも、グループワークや実習を重視する学校を選択する必要があります。社会福祉士として働くために資格取得はもちろん大切です。しかし実際に学校卒業後に役立つ知識は、グループワークや実習で学んだことが多いです。また学校の中では、他の職種との連携を重視しているところもあります。そのような学校に通うことで、多職種連携の重要さや関わり方について学ぶことができます。また、社会福祉士を目指すなら、自分の言動や行動によって関わる人の人生に大きな影響を与えると認識することが大切です。クライアントによって抱えている問題は様々です。そのため問題の本質を見極め、慎重に行動することが大切なのです。社会福祉士の勉強の一環として、現場での経験が多い教師に教えてもらうことも重要です。実際の体験談から学ぶことで、現場で本当に役立つ知識や対応力が身に付いていきます。そして新潟で就職したい方は新潟の学校に通うことが重要です。なぜなら新潟の学校では、社会福祉士実習を学校近くの施設に依頼することが多いからです。学校と実践の場が近いことで、学ぶ際の効率は非常に良いのです。また、運が良ければ自分の就職したい就職先で実習できる可能性もあります。その実習で気に入ってもらえれば、そのまま就職できる場合もあります。