プロを目指すならピアノレッスンを受けるのが先決

女の人

どの養成校を選択するのか

男女

最適な養成校で学ぼう

高齢化が進んでいることから年々高まっている言語聴覚士の需要に伴って、言語聴覚士を目指すための学校の数も増えています。最終的に言語聴覚士になれさえすればどの学校を選んだとしても同じだろうと考えがちですが、学校によって特色は様々ですので自分に最適な学校を選びましょう。言語聴覚士の養成校には、高校卒業資格があれば入学可能な3年制もしくは4年制の専門学校、3年制の短大、4年制の大学の言語聴覚科があります。短期間で言語聴覚士に関する専門的な勉強に特化して学びたい場合は3年制の専門学校や短大を、時間をかけて一般教養なども含めて学びたい場合は大学を選ぶとよいでしょう。もし、4年制大学の卒業資格を取得済みなのであれば、2年制の専門学校や大学院の専攻科も選択することが可能です。さらに、自分が学びたいことを学べるカリキュラムが用意されているか、雰囲気は自分に合っているかといったことも確認しておきます。学校見学や体験入学などを活用したり、実際に通っている人から話を聞いたりしてみることも、学校について知るための参考になります。また、国家試験の合格率の高さや卒業生の就職先・進学先にはどんなところがあるのかということも、言語聴覚士の養成校を選ぶ際に忘れずに調べておくことが必要です。他にも、立地やアクセス、学費なども考慮したうえで自分に最適だと思える学校を選んで、一人前の言語聴覚士を目指して充実した毎日を過ごしてください。